常にベストな状態に!部品交換はマメにしよう

 

Autokosten,  Modellauto mit Autoschlüssel

 

クルマのコンディションを常にベストな状態に保つには車検以外人も定期的な点検が必要となります。
点検は最初の1年は無料で2年目から有料となります。
しかし、クルマの保証期間は3年から5年と部位により異なりますが、万が一自然に故障が生じた場合無償修理となります。
しかし、事故や使用度が高い場合などのように原因が明らかな場合は無償修理の対象ではありません。
ブレーキ系統や油圧系統、ヘッドランプ・テールランプのバルブ類、ベルト関係、バッテリーなどのいわゆる消耗部品の部品交換を定期的に行い、日頃のメンテナンスに余念がなければ、故障する可能性は低くなります。
エンジンのコンディションを保つためにオイル交換が重要となり2回に1度のオイルエレメント交換も重要となります。
これは、燃費にも大きくかかわり、クルマの心臓でもあるエンジンに不具合が生じれば、後々各部位に不具合が発生します。
そのために5000キロ程度まででのオイル交換が良いです。
ブレーキパットの交換やブレーキオイルの交換も消耗度合によって適時交換しますが、早めの交換が安全へのカギとなります。
オイル交換などの時についでに見てもらうことで無料点検となるので、定期的な検査を受け不具合の早期発見をしましょう。